雪国暮らしのエクステリア

出入口の玄関ポーチと部屋から庭へつづくテラスをひとつに。
繋ぐことで生まれる便利さ、快適さ。
目隠しやマルチルーフを合わせた半屋外空間は
水や泥汚れを気にせず、家族が気楽に過ごせるコミュニティー空間に。
毎日の生活を豊かにする暮らし方のご提案。

WLEプラン

Before

積雪に無防備なエクステリアでは、玄関から道路までの雪かきをしないと歩くことも車を出すこともできません。

After

春・夏・秋と雪のない季節が一年間の大半ではありますが、
冬の負担をエクステリアで軽減できるようなオールシーズン快適プランのご提案です。

毎日必ず利用する動線を天候に関わらず快適に利用するため、玄関前にカーポートを設置し、プランを構成していきます。 (イメージは耐積雪150cmのカーポートを使用)

春・夏・秋

平面図

ワンシーズン2~3回の雪下ろしに備え、
大量の雪を除けるスペースを確保しておくことにより、除雪のストレスが軽減します。


「WLE」のポイント

全天候型快適アプローチ

一年の半分は雨の日という新潟。
玄関前のカーポートによって、朝や帰宅時の除雪の手間を軽減してくれるほか、雨の日も快適に、夏は車内温度の上昇も抑えてくれます。 全天候型快適アプローチは、臨時の駐車スペースとしても利用でき、また駐輪スペースに、ちょっとした作業スペースにも利用できます。 屋根に明り取りの折板ポリカ追加すれば、日中の明るさも確保できます。

アプローチを明かりで演出

降雪時でも効果的なライティングは可能です。
カーポートのフレームを利用し、ダウンライトを設置すれば、玄関まで明るいアプローチが導いてくれます。
ポイントでスポットライトで上から足元を照らしたり、壁や植栽を照らしたりすれば、機能性だけでなくオシャレ度もアップします。

こだわりのエクステリアデザイン

お庭の目隠しには、設計基準を順守した塀をおすすめします。
道路側は除雪車の雪の山、庭はカーポートや住宅屋根から降ろした雪の山となり、
フェンスでの目隠しでは強度不足により破損する恐れがあります。
ただ、雪のない時期のエクステリアとしても住宅を引き立てることができるよう、目隠し壁の前には植栽を配し圧迫感を軽減します。
花壇は圧雪でのダメージを軽減するため、自然石などを配して立体感を出し、手入れも軽減します。
(樹木は、倒木や枝折れを防ぐためしっかり冬囲いしましょう)

雪除けもアレンジ自在

カーポートには「サイドパネル」というオプションがありますが、
動線を制限してしまうというデメリットもあるため、降雪期の雪よけだけで十分!という方は、このような十手金具がおすすめです。
金具を柱に取り付けておけば、板の取り外しは自由自在です。


WLEおすすめアイテム

01

折板カーポート

100cm

150cm

200cm

[ポイント]

  • ・雪にも風にも強い
  • ・長期の積雪荷重に耐える頼もしい設計
  • ・サイズが豊富

02

採光カーポート

100cm

150cm

[ポイント]

  • ・スマートなデザインなのに多雪に耐える
  • ・透過性のある屋根で庫内が明るい

03

ヨド物置

100cm

150cm

[ポイント]

・錆に強い プレコートカラー鋼板なので、柱内など見えない所もサビ対策。
・上吊り戸 扉下にレールがないことで積雪地の凍上にも安心、お掃除も楽々。

04

不凍水栓柱

[ポイント]

  • ・水抜きでき、冬季凍結による水道管の破損を防ぐ

05

ごろた石

[ポイント]

  • ・除雪の雪でつぶされがちな花壇を手軽に自然な雰囲気に演出できる
  • ・雑草対策にも

このページのトップへ