ぼくたちの失敗

長岡店安藤

森田童子ではなく、安藤です。

↑知っている人は同年代ですね。

悠久山の桜は「つぼみ」。

開花が楽しみですね♪

 

さて、表題の件です。

個人的に楽しんでいる「流木」

用途によっては「あく抜き」の必要は無さそうですが、

とりあえず、チャレンジしていました。

ドラム缶に重石と共に重層を投入。

1週間放置。

なるほど、「アク」が出るもんだ。

数回この工程を繰り返していましたが、

「にごり」が取れない。

・・・

・・・

ドラム缶の内部がサビてきていました!

むしろ、流木にサビが付着する始末・・・。

ビニール袋に短めの流木だけ入れることにしましたとさ。

 

何事も経験です。

 

 

 

 

 

★庭匠館ホームページはこちら

長岡市 玄関ポーチ脇に目隠しと通風を兼ね備えたルーバーフェンスを設置 T様邸

kobayashi.jpg

こんにちは!長岡店の小林です!

本日、会社の軽自動車が車検となります。朝一で整備会社に持って行くとき、

フロントガラスに多くの花粉がついているので、ウォッシャー液を出したら…

カラになってました…花粉とワイパーの跡だけを残して車検となります。

 

昨日ですが、高さのあるフェンスを設置しました。(まだ完成は見てないけどね)

設置する前の様子はこちら!

玄関前には写真左側の格子フェンスがあるのですが、砂利と土のところにもフェン

スが欲しい、プラスの要素でルーバーで目隠しと風が通るようにしたい!

この要望をかなえるためにフェンスを設置しました。

事前に私の方で柱が立つであろう部分に配管や住宅の基礎が無いかをチェックして

問題が無かったのでなるべく玄関タイルに近づけるように設置します。

まずは柱の穴掘りから!

設置位置も事前にT様と打ち合わせをしていたので、職人と再度チェックをしなが

ら穴掘りします。穴の中はこんな感じです。

柱は10cm角なので柱よりも大きく深く穴を掘りました。

柱の下にはコンクリート平板を敷いて、沈下防止としております。

ルーバーフェンスはメーカーに特注サイズにて本体を作ってもらい、T様邸にて

本体と柱をビスで固定します。なので、フェンス自体はすぐに完成します。が、

本体が大きいし、柱も10cm角と大きいため結構なアルミといえども結構な重量

となります。職人も2人がかりで持ち上げてました。

フェンスを設置して動かないように仮固定をしている状態です。この後に柱周りに

コンクリートを流して作業は終わりとなります。しっかりとコンクリートが固まり

ましたら、仮固定を外して完成となります。

今週末に再度様子を見てきますので、その時にまた報告します。

 

★庭匠館ホームページはこちら

雪もなく、徐々に春になってきてます

kobayashi.jpg

こんにちは!長岡店の小林です!

タイヤ交換はしたでしょうか?私は次の休みに交換しようかと思います。

この冬は降雪もさほどなく、とても過ごしやすい冬となりました。

これが毎年と考えると雪の降らない地域はなんと過ごしやすいのでしょう。

けど、花粉も飛んできてます。ちょっと前から花が少し詰まり気味です…

先日見つけた春を感じるもの…

去年だとまだ雪もあったのでフキノトウはまだ見れてなかったよなぁ。

今年はすでにここまで生長してました。つくしも早く出てくるのかなぁ?

 

 

★庭匠館ホームページはこちら