テッポウムシの穴塞ぎ

kobayashi.jpg

こんにちは!長岡店の小林です!

明日から長岡市内の小学校は夏休みでしょうか?今は2学期制になっている学校が

多いのかなぁ?終業式が無く夏休みとなるようですね。

さて、昨日の夕方に1つ作業をしてきました。

害虫に掘られてしまった穴を塞いできました。害虫はテッポウムシです。

名前を聞いてもイマイチわからないかと思いますので、成虫になるとカミキリムシ

と呼ばれます。昔はよく捕まえたもんですよね!

この、テッポウムシは樹の幹に穴を掘っていきます。そのままにしておくと樹が

弱ってしまい枯れる原因にもなります。

まずは針金で穴の中をつっつき、その後に薬剤を注入。最後に保護剤にて穴補修。

保護剤には『カルスメイト』を使用しました。切り口や傷口の保護に!って書いて

あるので、穴の保護に!と思いまして。

実際に注入してみると、なかなか上手くできないものですね。

でも、仕上がりはこんな感じになりました。

色も派手でなく、上手く塞げてますよね!!(穴の開いてる写真が無くてスミマセン…)

これで、蟻が巣を作ることもなくなると思います。

 

 

 

 

★庭匠館ホームページはこちら