エクステリア工房 庭匠館は新潟市・長岡市・上越市のエクステリア・ガーデニング・外構・庭・リフォーム・デッキ・サンルーム・デザイン工事専門店

0120-182894無料相談のお申し込み
お気に入りに登録
サイトマップ
HOME  >  スタッフ コラム  >  フェンスの選び方

スタッフコラム

フェンスの選び方


フェンスの選び方について

フェンスといっても様々な種類があり、アルミ素材や樹脂素材
高さも数十センチから3メートル位まであったり、その種類や
高さによって金額もかなり違ってきます。

それでは、何を基準に選べばよいのでしょう?

まずは何の目的でフェンスを設置するのかですね。
お庭にいるときにお隣さんから見えないようにするのか 
それとも道路を通行する車や人から見えにくくするのか
防犯も目的とするのか、いろいろな理由があるかと思います。 

フェンスの素材としましては
アルミ形状フェンス
特徴   錆や腐食に強いアルミニウムは耐久性に優れ、フェンスの素材としてもっとも多く使われている。
メリット  耐久性、軽くて加工しやすく、腐食に強い、手ごろな価格である。
デメリット デザイン性に乏しい、曲線の加工が難しく直線的なものが多く個性的なデザインが作りにくい。
    

アルミ鋳物フェンス
特徴   アルミニウムを溶かして型の流し込み作る製品。
メリット  自由なデザイン性、曲線加工も可能。
デメリット 他材質に比べ若干価格が高い。
     


アイアンフェンス
特徴   鉄を熱して加工したもの。
メリット  繊細なデザインが可能。
デメリット 錆びる。



木製フェンス
特徴   天然木を素材としたもの。
メリット  加工がしやすく、やわらかな質感。
デメリット 反りや割れが出やすい、虫や菌に冒されやすい、日光による色あせ。




樹脂フェンス
特徴   40%程の木粉に樹脂を混合し腐れの発生を防いだもの。
メリット  耐候性があり、天然木のような風合いがある、腐らない。
デメリット デザイン性が少ない。



スチールフェンス
特徴   鉄を主剤としたもの。
メリット  強度に優れている、価格が安い。
デメリット 耐食性、耐候性に劣る。



では、どのようなフェンスを選べばよいかなのですが、
近隣からの視線が気になるからといって敷地すべてをぐるっと背の高い
フェンスで囲ってしまうと確かに周囲からの視線は防げますが、
裏を返せば一度敷地内に入ってしまうと外から気づかれにくい為、防犯としての役割も兼ねるなら
視線を防ぎたいところだけ完全目隠しとし他は隙間の空いたフェンス等にすると目隠しと防犯を
兼ねることができるし、お庭にも日が入り通気性も良いので植物を育てるのにも良いですよ。


お隣との境界をはっきりさせる程度であるならアルミ、又はスチールのフェンスとなってくるかと思いますが、
家の中や外かもあまり見えないようなところであれば,デザイン重視よりも金額を重視して予算を浮かせられれば
その分見える所のフェンスやそのほかの外構へ予算を回すことも できるでしょう。

フェンスを選ぶポイントとして、ご自宅でくつろいでいる時やお庭に出ている時どの位置からの視線を防ぎたいのか
高さはどの程度か、花や樹木を植えているのであればフェンスを立てたとき日の当たりかたはどうなるか、
お子さんが道路へ飛び出さないようにするのか等、
ご自宅でどのように過ごすのか考えてみると何となくわかってくるかもしれませんよ。


フェンスのお手入れについて。

お手入れ方法

1. 表面に付いているほこり等を取り除いてください。

2. 水洗いでやわらかな布やスポンジを使い汚れを洗い流してください
  落ちない汚れは食器用中性洗剤をぬるま湯に少量入れて(1~2%)
  やわらかい布で洗い流してください。

3. 洗剤使用後は水で十分にすすぎ、乾いた布で水分を拭き取ってください。 




お手入れ上の注意!

ベンジン、アセトン、ガソリン、シンナー等有機溶剤は絶対に使用しないでください。

樹脂シートの表面は傷つきやすいので金ベラや金属たわし等は使用しないで
やわらかい布等をご使用ください。





 

13.08.31 更新

私たちと家族の時間を育むエクステリアをつくってみませんか?

下記フォームより必要項目を入力し送信しくてください。
※ドメイン・指定受信・本文にURLがあるメールの受信拒否などの制限をかけている方は、当社からのメールを受信出来ない場合がございます。
 当社ドメイン「exterior-k.com」を指定受信設定してください。

(※)ふりがな
姓  名 
(※)お名前
姓  名 
(※)メールアドレス
(例) info@exterior.com
(※)お電話
(例)025-250-2520
(※)郵便番号
(例)950-0017
(※)ご住所
都道府県 
市区町村 
住所   
(※)ご要望項目
資料希望    相談申込み    メール問合わせ
ご意見・ご質問等ございましたらご記入ください。
メルマガ登録
する    しない   

(※)印は必須項目ですので、未選択・未記入では送信できません。

お急ぎの方は、お電話でお問い合わせください。受付時間AM9:30~PM6:00 定休日 水曜日
新潟東店 Tel:025-250-2520  新潟西店 Tel:025-378-0285  長岡店 Tel:0258-27-2899  上越店 Tel:025-544-6880